Qualification

子育て支援教育カウンセラー認定

【資格認定】子育て支援教育カウンセラー認定

子育て支援教育カウンセラーとは

冨田久枝千葉大学教育学部特命教授、博士(心理学)が分かりやすく解説しています。
「子育てを支援する、もしくはしようとする人」を対象として、日本教育カウンセラー協会(通称JECA)の協会が認定する資格です。

子育て支援教育カウンセラーの特徴

子どもの最善の利益を守るための支援者を育成します。

教育カウンセリングの知見による専門的な支援を行います。

保護者への心理的な支援と親としての発達支援を行います。

子育て支援教育カウンセラーの
主な活動と資格取得のメリット

様々な現場での支援者に有効な知識と技能を提供します。

  • 教育・保育分野の方々
    教育や保育の現場では保護者への支援や対応が重要な任務となり、専門的な支援に役立つ知識と技能を提供します。
  • 医療・福祉分野の方々
    医療・福祉分野においても対象者への支援に加えて保護者や家族への支援も重要となります。その支援に役立つ知識と技能を提供します。
  • 地域支援の分野の方々
    ファミリーサポートなど、地域の子育て経験世代の人的資源を有効に活かすための専門性を提供します。
  • 子育て支援教育カウンセラーを取得しますと、初級教育カウンセラー資格が取得しやすくなります。

対象および資格取得方法、
資格取得経費

資格の取得状況によって必要な受講内容・提出物・経費が変わります。

※資格の取得状況によって申込の必要情報も変わりますのでご注意ください

  • 1.教育カウンセラー有資格者
    • 資格取得申請書提出
    • 受講料0円、申請料1万円
      ※動画の資料および子育て支援関連講座の受講を推奨します(視聴無料)
    【申込方法】
    お問い合わせフォームにて
    • ・「お名前」「お名前ふりがな」「メールアドレス」をそれぞれ記入
    • ・「内容項目」にて「資格・講座関連」にチェックを入れる
    • ・「子育て資格申込」にて[教育カウンセラー有資格者]にチェックを入れる
    • ・「内容」にて「①名前 ②勤務先 ③緊急連絡先 ④教育カウンセラー認定番号」を記載
  • 2.JECA認定ピアヘルパー取得者(子育て支援教育カウンセラー補)で、
    実務経験1年以上ある方
    • オンラインによるガイダンス等受講(約3時間)
    • 8科目(子育て支援)動画視聴・レポート提出
    • 資格取得申請書提出
    • 受講料0円、申請・登録料2万円、年会費4千円
    【申込方法】
    お問い合わせフォームにて
    • ・「お名前」「お名前ふりがな」「メールアドレス」をそれぞれ記入
    • ・「内容項目」にて「資格・講座関連」にチェックを入れる
    • ・「子育て資格申込」にて[ピアヘルパー]にチェックを入れる
    • ・「内容」にて「①名前 ②勤務先 ③緊急連絡先 ④ピアヘルパー認定番号」を記載
  • 3.一般の方(JECA認定資格未取得の方・教育・福祉・保育・医療などの対人援助職を主とする職業に携わる方やご自身の子育ての経験から、地域において「子育て家庭」への支援を行っている方やボランティア等での対人援助をされている方)
    • オンラインによるガイダンス等受講(約3時間)
    • 10科目の動画視聴・レポート提出 ※実践歴によって受講科目数の変更があります
    • オンラインによる認定試験(選択肢形式)受験
    • 資格取得申請書提出
    • 受講料1万5千円、申請・登録料2万円、年会費4千円
    【申込方法】
    お問い合わせフォームにて
    • ・「お名前」「お名前ふりがな」「メールアドレス」をそれぞれ記入
    • ・「内容項目」にて「資格・講座関連」にチェックを入れる
    • ・「子育て資格申込」にて[一般]にチェックを入れる
    • ・「内容」にて「①名前 ②勤務先 ③役職 ④管理職経験の有無 ⑤緊急連絡先」を記載

資格認定試験について

日程

オンラインによるガイダンス 
2022年11月5日(土)午後
オンラインによる認定試験  
2023年3月予定

認定試験形式

選択肢形式(予定)

申込方法

お問い合わせフォームにて必要情報を入力してお知らせください。折り返し手続き方法をご連絡します。
それぞれの申込方法は「対象および資格取得方法、資格取得経費」の項目をご確認ください。

子育て支援教育カウンセラー科目・動画一覧

資格取得に必要な10科目の動画一覧です。動画視聴につきましてはお申し込み(受講料入金)を確認次第、本部より別途ご連絡させていただきます。

  1. 基礎1

    教育カウンセリング概論

  2. 基礎2

    教育カウンセリングの技法と活用(構成的グループエンカウンター)

  3. 専門1

    子育て支援の社会的意義

  4. 専門2

    子育て支援とカウンセリング(カウンセリングアプローチの実際)

  5. 専門3

    子どもの発達理解、アセスメントと方法

  6. 専門4

    相談援助の方法と技術

  7. 専門5

    子育て支援における親子の遊びとコミュニケーション

  8. 専門6

    多様な子どもたちへの理解と支援。その子育てへの援助方法
    (外国籍の子ども、障害のある子ども等)

  9. 専門7

    地域における子育て支援カウンセリングの方法と実際

  10. 専門8

    子育て支援における危機的状況への対応(虐待・貧困他)

ページTOPに戻る